PR

晩御飯メニューに困ったときの参考!簡単で子供も大好き、我が家のお好み焼き・きつねうどんを紹介!

夕飯
記事内に広告が含まれています。

主婦にとって毎日の夕飯メニューがなかなか浮かびませんよね。

そこで我が家で人気のメニューをご紹介します!

今回ご紹介するのは以下になります。

・お好み焼き
・きつねうどん

上記を作る上で気になる以下の事をご紹介します!

・カロリー
・使われている食材
・美味しく食べる工夫
・調理の工夫
・食べた感想

あなたの毎日の献立に是非お役立て下さいね。

お好み焼き

お好み焼きは、大阪を代表するソウルフードです。小麦粉、卵、キャベツ、豚肉などを混ぜて焼いた、シンプルながらも奥深い味わいの料理です。

カロリー

お好み焼きのカロリーは、約1,000kcalです。1人前(約200g)あたり、約500kcalです。

使われている食材

お好み焼きに使われるのは、以下の食材です。

  • 小麦粉
  • キャベツ
  • 豚肉
  • 天かす
  • 紅しょうが
  • マヨネーズ
  • ソース

小麦粉は、お好み焼きのベースとなる食材です。卵は、ふんわりとした食感を出すために使用します。

キャベツは、シャキシャキとした食感と甘みを楽しむために使用します。豚肉は、旨味とコクを出すために使用します。

天かすは、カリカリとした食感とコクを出すために使用します。紅しょうがは、風味と辛味を出すために使用します。マヨネーズとソースは、定番のソースです。

美味しく食べる工夫

お好み焼きを美味しく食べるには、以下の工夫をするとよいでしょう。

  • キャベツをたっぷり入れます。
  • 豚肉は、細かく刻みます。
  • 天かすを加えます。
  • ソースとマヨネーズをたっぷりかけます。

キャベツをたっぷり入れることで、シャキシャキとした食感と甘みを楽しむことができます。

豚肉は、細かく刻むことで、旨味とコクが全体に行き渡ります。

天かすを加えることで、カリカリとした食感とコクをプラスすることができます。紅しょうがを加えることで、風味と辛味を楽しむことができますよ。

ソースとマヨネーズをたっぷりかけることで、より美味しくいただけます。

調理の工夫

お好み焼きを美味しく作るには、以下の工夫をするとよいでしょう。

1、小麦粉と卵をよく混ぜます。

・キャベツは、水気をよく切ります。

3、ホットプレードやフライパンに油を熱し、小麦粉と卵を混ぜたものを流し入れます。

ホットプレートだと一気にやけるのでフライパンで一つ一つ焼くよりも便利です。

小麦粉と卵をよく混ぜることで、生地がふんわりと仕上がります。キャベツは、水気をよく切ることで、焼いたときにべちゃっとした食感にならないようにします。

ホットプレートに油を熱し、小麦粉と卵を混ぜたものを流し入れることで、焼きムラを防ぐことができます。

ホットプレートでじっくりと焼くことで、中まで火が通り、ふんわりとした食感に仕上がります。

味の感想

お好み焼きの味の感想は、以下の通りです。

  • キャベツのシャキシャキとした食感と甘み、豚肉の旨味とコクが、絶妙にマッチしています。
  • ソースとマヨネーズの酸味と甘みが、全体の味を引き立てています。
  • ボリュームがあります。

お好み焼きは、シンプルな材料で作れる、食べ応えのある料理です。ぜひ、みなさんも作ってみてください。

アレンジ方法

お好み焼きをより美味しく食べるには、以下のアレンジもおすすめです。

  • キャベツの代わりに、ほうれん草やきのこなどを使用します。
  • 豚肉の代わりに、イカやエビなどを使用します。
  • ソースやマヨネーズの代わりに、明太子やチーズなどを使用します。

ほうれん草やきのこなどの、栄養価の高い食材を加えることで、栄養バランスをさらにアップすることができます。

イカやエビなどの、海鮮を加えることで、風味と旨味を楽しむことができます。明太子やチーズなどの、コクのある食材を加えることで、違った味わいを楽しむことができますよ。

ぜひ、みなさんもいろいろなアレンジを試してみてください。

きつねうどん

きつねうどんは、うどんの上に油揚げをのせた、シンプルながらも奥深い味わいの料理です。

カロリー

きつねうどんのカロリーは、約700kcalです。うどん1玉(250g)あたり、約350kcalです。

使われている食材

きつねうどんに使われるのは、以下の食材です。

  • うどん
  • 油揚げ
  • 天つゆ
  • その他お好みの具材

うどんは、主食となる食材です。油揚げは、旨味とコクを出すために使用します。天つゆは、たれとして使用します。

美味しく食べる工夫

きつねうどんを美味しく食べるには、以下の工夫をするとよいでしょう。

  • 油揚げは、焼いてからうどんにのせます。
  • 天つゆは、お好みで濃さを調整します。

油揚げを焼くことで、香ばしさと旨味が増します。天つゆは、お好みで濃さを調整することで、より美味しくいただけます。

調理の工夫

きつねうどんを美味しく作るには、以下の工夫をするとよいでしょう。

  • うどんは、しっかりと茹でます。
  • 油揚げは、中まで火が通るように焼きます。

うどんは、しっかりと茹でることで、モチモチとした食感に仕上がります。油揚げは、中まで火が通るように焼くことで、旨味とコクが引き立ちます。

味の感想

きつねうどんの味の感想は、以下の通りです。

  • 油揚げの旨味とコクが、うどんの味を引き立てています。
  • 天つゆの酸味と甘みが、全体の味を調えています。
  • ボリュームがあり、満足感があります。

きつねうどんは、シンプルな材料で作れる、食べ応えのある料理です。ぜひ、みなさんも作ってみてください。

アレンジ方法

きつねうどんをより美味しく食べるには、以下のアレンジもおすすめです。

  • 油揚げの代わりに、厚揚げや絹揚げなどを使用します。
  • 天つゆの代わりに、お好みのたれを使用します。

厚揚げや絹揚げなどの、栄養価の高い食材を加えることで、栄養バランスをさらにアップすることができます。お好みのたれを使用することで、違った味わいを楽しむことができます。

ぜひ、みなさんもいろいろなアレンジを試してみてください。

まとめ

本日は、我が家で人気の夕飯メニューである「お好み焼き」と「きつねうどん」についてご紹介しました。

お好み焼きは、キャベツのシャキシャキとした食感と甘み、豚肉の旨味とコクが、絶妙にマッチした、ボリューム満点の料理です。

キャベツをたっぷり入れることで、シャキシャキとした食感と甘みをより楽しむことができます。また、豚肉は細かく刻んで入れることで、旨味とコクが全体に行き渡ります。ソースとマヨネーズをたっぷりかけていただくことで、より美味しくいただけます。

きつねうどんは、油揚げの旨味とコクが、うどんの味を引き立てた、シンプルながらも奥深い味わいの料理です。油揚げは焼いてからうどんにのせると、香ばしさと旨味が増します。また、天つゆは、お好みで濃さを調整することで、より美味しくいただけます。

どちらのメニューも、シンプルな材料で作れるので、忙しい日の夕飯にもおすすめです。ぜひ、みなさんも作ってみてください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました